トップページ > にきびQ&A >  10代と大人のにきびの違いは?

10代と大人のにきびの違いとは

10代と大人のにきびの違いは、あるのでしょうか。
毎日が成長している、エネルギーにあふれた成長期の「にきび」は思春期のシンボル的存在です。
そのような10代と大人のにきびの違いについて紹介します。

にきびの種類には、思春期(成長期)の"にきび"と、思春期(成長期)を過ぎた大人の"にきび"があります。
一般的には、思春期(成長期)のタイプを「にきび」と呼びます。
思春期(成長期)を過ぎてからできるタイプは、「大人のにきび」や「大人にきび」と呼ばれて区別されています。

思春期(成長期)のにきびは、成長期の活発なホルモンが原因といわれています。
10代と大人のにきびの違いは、思春期(成長期)のホルモンですね。
その為、10代と大人のにきびの違いを考えた治療が必要になります。

大人にきびは、成長期のホルモンは影響していません。
生活環境や食習慣、そして皮膚の症状に応じた治療が必要です。

思春期(成長期)のにきびは、ホルモンの分泌が低下すれば"にきび"も治まる場合が多いようです。
10代と大人のにきびの違いを考えて、にきび治療を行いましょう。
10代の思春期の時には、皮膚を清潔にしていれば自然に治る場合が多いようです。
にきびを気にして、触り過ぎて悪化させないように気をつけましょう。

10代と大人のにきびの違いと原因

10代と大人のにきびの違いは、思春期(成長期)のホルモンが大きいようです。
その為、10代の思春期の"にきび"対策は、皮膚を清潔にしていればホルモンの低下と共に"にきび"も沈静化して治ります。

10代と大人のにきびの違いでは、10代がホルモンの関係だとすれば「大人にきび」の原因はなにでしょうか。
「大人にきび」の原因はいろいろあります。
成長期のホルモンを原因とした10代と大人のにきびの違いは、生活習慣や食習慣などのようです。
「大人にきび」の原因は、生活習慣や食習慣、そして化粧品やストレスなどです。
「大人にきび」の対策には、根本的な原因を見つけて改善することが大切です。

生活習慣・食習慣・化粧品・ストレスを原因とする大人にきびは、慢性化するケースが多いようです。
大人にきびの根本原因を改善しなければ、皮膚科や高級な治療薬や化粧品を使用しても"にきび"は繰り返されます。
にきび治療の時は、10代と大人のにきびの違いを良く考えて、原因を見つけることが大切です。
大人にきびは、環境・習慣・皮膚症状を考えた対策が大切ですね。

10代と大人のにきびの違いは?について
    人気のニキビ対策


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ
  • Copyright © 2009 大人のにきびを治したい方へのニキビ対策化粧品· All Rights Reserved·