トップページ > にきびQ&A >  ニキビ跡の原因は?

にきび跡の原因

にきび跡の原因はいろいろあります。
赤いシミや月のクレーターのような皮膚の凸凹などの"にきび跡の原因"の対処法は、にきびの種類によって異なります。
次に、「赤にきび」による"にきび跡の原因"を紹介します。

「赤にきび」による、にきび跡の原因を紹介します。
「赤にきび」は、皮膚に赤い発疹ができている状態です。
「赤にきび」ができる原因には2つあります。
一つは、毛穴の中のアクネ菌が繁殖して、アクネ菌が皮膚を分解するときに出す酸を原因とした皮膚の炎症。
もう一つは、屋外で太陽の紫外線にあたり皮脂が酸化した炎症です。
酸化した皮脂に外的刺激が加わることで、皮膚が炎症を起こします。

「赤にきび」などの初期段階で、適切な治療を行えば、「赤ににきび」はキレイに治ります、にきび跡の原因を考えることはありません。
「赤にきび」でにきび跡の原因をつくる場合は、「赤にきび」を悪化させてしまった時です。

「赤にきび」の場合、毛穴の中に溜まった皮脂とアクネ菌が、毛穴の壁を壊してしまうことが、"にきび跡の原因"と考えられます。
「赤にきび」が悪化してきた段階で、皮膚科の病院で適切な治療を受けることが大切です。

「赤にきび」の段階でにきび跡の原因をつくるケースでは、皮膚科などの病院で適切な治療を怠った場合が多いようです。
「赤にきび」の段階で我流の治療をして、にきび跡の原因を自分で作る場合もあります。
にきびが腫れてきたら、自分で治療をしないで皮膚科等の病院の治療を受けて、にきび跡の原因をつくらないようにしましょう。

にきび跡の原因と黄色にきび

にきび跡の原因には、「黄色にきび」があります。
「黄色にきび」は、にきびが悪化して最終段階になっている状態です。

毛穴にクリーム色の膿が溜まって腫れあがった状態が「黄色にきび」です。
赤くはれ上がって炎症を起こしている「黄色にきび」は、「膿腫」とも呼ばれます。

「黄色にきび」まで"にきび"が悪化すると、真皮まで傷つきます。
真皮を傷つける「黄色にきび」まで症状を悪化させて、"にきび跡の原因"を作らないように気をつけましょう。
真皮まで傷つけると、皮膚を元に戻すのは難しくなります。

「黄色にきび」に進行する前に適切な治療を行って、にきび跡の原因をつらないようにすることが大切です。

ニキビ跡の原因は?について
    人気のニキビ対策


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ
  • Copyright © 2009 大人のにきびを治したい方へのニキビ対策化粧品· All Rights Reserved·