トップページ > 大人ニキビができる原因 >  男性ホルモンの影響

大人ニキビができる原因の男性ホルモンとは

大人ニキビができる原因では、男性ホルモンや女性ホルモンの乱れが考えられます。
男性ホルモンには、テストステロン・アンドロステネディオン・DHEAなどがあります。
大人ニキビができる原因の男性ホルモンは、「テストステロン」だと言われています。

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。
卵胞ホルモン(エストロゲン)は、女性らしさや美しさ、そして若さをサポートするホルモンです。
黄体ホルモン(プロゲステロン)は、妊娠や出産をコントロールするホルモンです。
大人ニキビができる原因の男性ホルモンは「テストステロン」、そして女性ホルモンは「黄体ホルモン(プロゲステロン)」です。

大人ニキビができる原因の男性ホルモンについて紹介します。
大人ニキビができる原因の男性ホルモンである「テストステロン」には、どのような作用があるのでしょうか。
「テストステロン」には次のような作用があります。
タンパク質の合成を助ける作用、そして筋肉を分解するホルモンの抑制作用です。

大人ニキビができる原因の男性ホルモン(テストステロン)をたくさん持つ男性は、男らしい体つきになります。
それは、成長ホルモンを刺激して筋肉・皮膚等のタンパク質を合成促進する作用が「テストステロン」にあるからです。
「テストステロン」には、筋肉量を減らすホルモンの分泌を抑える作用もあります。

大人ニキビができる原因の男性ホルモン(テストステロン)が多い人は、男らしいのですね。
周りの男性を見渡してください、草食系の男の子や男性にはニキビ顔が少ないと思いませんか。

大人ニキビができる原因の男性ホルモンの原因はテストステロン

大人ニキビができる原因の男性ホルモン(テストステロン)が、多く分泌される原因は?
大人ニキビができる原因の男性ホルモン(テストステロン)は、闘争心や攻撃的な性格に関係しています。
闘争心や攻撃的な性格が、大人ニキビができる原因の男性ホルモン(テストステロン)を多く分泌させる原因のようです。

現代社会では草食系の男性が増えていますが、逆に闘争心にあふれた攻撃的に仕事を処理する、肉欲系の女性も増えています。
闘争心や攻撃性が活発になると、周りから体を守る為に男性ホルモン(テストステロン)が分泌されます。
ホルモン分泌によって、バリア機能が高まります。
バリア機能が高まると、皮脂の角質を厚くして細菌の侵入を防ぐ皮脂膜を作ります。
バリア機能の皮脂膜が大人ニキビを発症させます。

闘争心にあふれた女性は、洗顔で古い角質を除去することが大切ですね。

男性ホルモンの影響について
    人気のニキビ対策


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ
  • Copyright © 2009 大人のにきびを治したい方へのニキビ対策化粧品· All Rights Reserved·