トップページ > 女性ホルモンの影響 > 大人ニキビができる原因の女性ホルモンとは

大人ニキビができる原因の女性ホルモンとは

大人ニキビができる原因の女性ホルモンはどのようなホルモンでしょうか。
ホルモンには女性ホルモンと男性ホルモンがあります。
大人ニキビができる原因には、女性ホルモンの作用と男性ホルモンの作用があります。

男性ホルモンには、テストステロン・アンドロステネディオン・DHEAなどがあります。
大人ニキビの原因になっている男性ホルモンは「テストステロン」です。
闘争心や攻撃的な気持ちの時に多く分泌されます。

最近では、テストステロンの分泌が少ないような、草食系の男性も増えたようです。
逆に、男性も負けるような闘争心を持って、攻撃的に仕事を処理する女性も増えています。
このような女性は、大人ニキビができる原因の女性ホルモンよりも、男性ホルモン(テストステロン)の分泌が多いのでしょうか。

女性ホルモンには、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)があります。
黄体ホルモン(プロゲステロン)は、妊娠や出産などをコントロールするホルモンです。
卵胞ホルモン(エストロゲン)は、女性らしさや美しさ、そして若さをサポートするホルモンです。

大人ニキビができる原因の女性ホルモンは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)のどちらでしょうか。
一見女性らしさや美しさと関係がある卵胞ホルモン(エストロゲン)のようですね。
大人ニキビができる原因の女性ホルモンは、黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

大人ニキビができる原因の女性ホルモン「黄体ホルモン(プロゲステロン)」

大人ニキビができる原因の女性ホルモンは、妊娠や出産などをコントロールする黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

大人ニキビができる原因の女性ホルモン(黄体ホルモン・プロゲステロン)の作用を紹介します。
(1)皮脂をたくさん分泌する作用がある。
(2)新陳代謝をわるくする、そのため身体に老廃物が溜まりやすくなる。
(3)便秘になりやすくなる。

女性ホルモンには、肌の調子を良くする卵胞ホルモン(エストロゲン)があります。
対して、黄体ホルモン(プロゲステロン)は肌の調子を悪くするホルモンですね。

大人ニキビができる原因の女性ホルモン(黄体ホルモン・プロゲステロン)の分泌は生理の周期と関係があります。
1ヶ月のうち、体温が高い2週間は黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されている時です。
体温が高くて、眠たい週は肌の調子に気をつけましょう。

大人ニキビができる原因の女性ホルモンとはのポイント

大人ニキビができる原因の女性ホルモンは、黄体ホルモン(プロゲステロン)です。妊娠や出産に関係する黄体ホルモンは肌の調子を悪くして、卵胞ホルモンは肌の調子を良くします。男性ホルモン(テストステロン)の分泌もニキビに関係があります。

人気のニキビ対策


キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ
  • Copyright © 2009 大人のにきびを治したい方へのニキビ対策化粧品· All Rights Reserved·